menu

Animoで預ける

Animoで預ける

Animo kids株式会社では、内閣府認可保育園(企業主導型保育園)を運営・運営委託をしています。

企業主導型保育園とは

企業主導型保育園(内閣府認定保育園)は「会社が作る保育園」です。多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育てとの両立に資することを目的として内閣府で創設された事業です。

認可保育園は、利用する際自治体に「保育の必要性」を認定してもらわなければなりません。保育の必要背が低いと判断された場合、認可保育園の利用は難しくなりつつあります。

しかし、「企業主導型保育園」の場合は、就労要件などを満たせば、自治体の認定いらずで契約ができ、 設置している企業によっては、日祝・夜間などもお子様をお預かりすることができる施設もあります。

保育理念

全ての人が幸せと思う心を尽くした保育を

家族が幸せであること

関わる全ての人が幸せと思う保育を

心を尽くしたサービスを提供します

Animoの保育に対する想い・保育指針

自分らしさを大切に育む

Animoは、企業主導型保育園の導入から運営までをサポートしております。

現状、女性は結婚・出産を機に一度職場を離れ、数年後に別会社にて復帰するケースがほとんどです。出産後・育児後に復帰したくても、子どもを預ける先がなく働きたくても働くことができないという方もたくさんいます。

Animoは女性の社会進出を応援する会社です。女性の背中を押すための一つとして、保育事業を始めました。

お子さまが毎日楽しく充実した日々を送り、かつ身の回りの生活習慣やしつけ、将来子供が伸びる土台を作ります。また、働くお母さんの肉体的な労力面を減らすことだけでなく、子どものことで悩んでいるお母さんの良きパートナーとしても相談にのるなどのサポートをいたします。

Animoの保育園の特色(絵本のよみきかせ・成長の記録など)

絵本の読み聞かせ

Animoでは、0歳児から設定保育前や降園前に毎日読み聞かせを行っています。

絵本を身近に感じられるように、100冊程度の絵本を置いています。

成長の記録

保育園では、1か月に一度「成長の記録」をプレゼントしております。

  • お名前を呼ぶと返事をできるようになった
  • 嫌いなピーマンを食べられるようになった
  • トイレトレーニングを始めた など・・・

園内で見られたお子さまの成長をグラフ化し、先生のコメントをつけてお渡しいたします。

お子さまの成長に合わせた給食

専任の調理師が献立を作成し、離乳食だけでも初期・中期・後期・完了期とご用意しておりますのでお子さまの成長に合わせてご用意させていただきます。

病児・病後児保育

主に就労家庭の子どもが病気の際に一時的に保育看護を実施することで、保護者の子育てと就労の両立を支援するとともに、児童の健全な育成に寄与することを目的とした事業です。就労中の保護者の強い味方になっています。

病児保育の種類

病児対応型

当面症状の急変は認められないが、病気の回復期に至っていないことから集団保育が困難であり、かつ保護者の勤務などの都合により家庭で保育を行うことが困難な児童

病後児対応型

病気の回復期であり、集団保育が困難でかつ保護者の勤務などの都合により家庭で保育を行うことが困難な児童

体調不良型

事業実施保育所に通所しており(月極)、保育中に微熱を出すなど体調不良となった児童であって、保護者が迎えに来るまでの間、緊急的な対応を必要とする児童

※施設によって病児保育室を設けていない園もございますので、詳しくは施設一覧をごらんください

利用対象者

  • 月極保育を利用していること(一時預かり中の病児保育は行っておりません)
  • 病児保育の利用登録者であること
  • 通常の外来で治療可能な病気であること(感冒症状、上気道炎など、『病児室を利用できない病状・症状』に該当しない疾患)
  • 1歳2ヶ月以上の幼児ではMRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)接種が済んでいること
    (当該ワクチンに対するアレルギー、特別の事情がある場合を除きます)
  • 年齢相当の各種ワクチンの接種が済んでいること
    (当該ワクチンに対するアレルギー、特別の事情がある場合を除きます)

※『病児室を利用できない病状・症状』はページ下部参照

病児保育利用の流れ

  • 病児保育の利用を希望する場合は、あらかじめ『病児保育利用連絡票』を提出が必要です
  • 『病児保育利用登録票』は保育園にあります。必要事項を記入し保育園まで提出してください
  • 利用当日の登録はできません。必ず事前に登録をお願いいたします

病児保育利用の場合【病児保育型・病後児保育型】

1. 各園で定められている時間までに病児保育利用の仮予約をする

2. 医療機関を受診し、『病児保育利用連絡票』を記載してもらう

3. 病児保育室入口より入室し、保育士スタッフに保育を依頼
※園で定められた時間までに連絡なくご利用がない場合は、自動的にキャンセルとなります。

4. お迎えの時間までに必ずお迎えをお願いいたします。
(延長保育はできません)

通常保育から病児保育利用に変更する場合【体調不良型対応】

1. 園では定期的に検温・健康状態チェックをしています。
38℃以上の発熱はないか、37.5℃以上でぐったりしていないかなど、その他健康状態に異常がないかを確認します。

2. 異常が見られた場合、保育園から保護者に連絡を入れ、園児の状態を伝えます。

3. 保護者の方がお迎えに来られるまで、病児保育室へ移動させて病児保育を行います。

病児保育室を利用できない病状・症状

  1. 伝染性疾患
  2. 感染しやすく、一旦感染すれば重症になる危険性の高い(血液腫瘍疾患や重症心疾患、重症腎疾患、膠原病などや免疫抑制剤を使用している場合など)。
  3. 39.0℃以上の発熱が続いている。
  4. 嘔吐、下痢がひどく脱水症状の兆候(皮膚や唇の乾燥、涙が出ない、ぐったりして活気がない等)がある。
  5. マイコプラズマ感染症(解熱後24時間が経過し、咳が改善するまでは病児室利用可能)
  6. RSウイルス感染症(解熱後24時間が経過するまでは、病児室利用可能)
  7. ヒトメタニューモウイルス感染症(解熱後24時間が経過するまでは、病児室利用可能)
  8. 溶連菌咽頭炎(抗生剤の内服開始後、24時間が経過するまでは、病児室利用可能)
  9. 咽頭結膜炎(主症状消失後、2日が経過すれば利用可能)
  10. ロタウイルス・ノロウイルスなどの感染性胃腸炎(嘔吐しておらず、下痢がトイレ内またはオムツ内に収まる程度であれば病児室利用可能)
  • 「解熱後」とは、原則として(解熱剤の使用なく)37℃台に解熱したことを指します
  • 病児室対応の際は、その日の利用状況によって保育をお受けできない場合があります
  • 嘔吐・下痢の場合、感染防止のために希釈した塩素系の薬液を痔用させていただくことがあります。
    衣服が色落ちする可能性がありますことをご了承ください

投薬について

  • 原則として『病児保育利用連絡票』に記載されている処方薬のみお預かりいたします
  • 薬は投薬依頼書を記入の上、園保育士スタッフにお渡しください
  • 座薬の使用は保護者が来園し、投薬する場合のみ使用可能とします